代表あいさつ

代表取締役社長 茨木 敏

当社は1980年代に粒子状フェノール樹脂ベルパール®を開発して以来、ベルパール®をキーマテリアルとし、周辺技術を取り込みつつ、製品開発および製造・販売を進めてきました。

「環境適合エネルギーの創出、エネルギーの蓄積・削減」を事業ドメインとし、「省エネ推進」・「環境保全」での社会貢献を目指しています。

2018年度売上の70%強を占めるPSA式窒素ガス発生装置に於いては、装置の心臓部である窒素酸素分離材(MSC)を独自に開発し、プロセス開発・装置設計技術を融合し、競争力ある製品を創り上げ、市場において高い評価を戴いてます。 

弊社の技術は、フェノール樹脂の製造・加工、各種原料を用いたカーボン材料の開発・製造、装置設計・製作 などで、新製品開発はお客様、お取引先様等と連携しつつ取り組んでいます。各種デバイス・装置の性能を支配するキーマテリアルを開発し、これを活用した魅力あるデバイス・装置を組み上げていきます。現在は二次電池・キャパシタ関連部材、ベルパール混抄ペーパーの開発に注力しており、PSA式窒素ガス発生装置に次ぐ大型商材育成を目指しています。

これから先も、エア・ウォーターグループの一員として、より魅力的で社会や暮らしに必要とされる存在であるために、空気や水のように変化し続け、永続的な成長を図ってまいります。

皆様におかれましては、これまでと変わらぬご理解とご支援を賜りますよう、心からお願い申し上げます。

代表取締役社長 茨木 敏

このページのTOPへ