沿革

1984年 独自開発の高機能フェノール系樹脂『ベルパール®』を上市して事業を開始

その後『ベルパール®』をベースとするカーボン材『ベルファイン®』を開発
『ベルファイン®』を活用したPSA式窒素発生装置『ベルスイング®』および『ベルファイン®』からなるキャパシタ用電極材等の製造販売を開始。
2005年 旧カネボウのベルパール事業がエア・ウォーターへ営業譲渡されエア・ウォーター・ベルパール㈱発足
2006年 ケミカル事業再編によりエア・ウォーター㈱へ吸収合併
2010年 ベルパール事業の会社分割によりエア・ウォーター㈱100出資の子会社「エア・ウォーター・ベルパール㈱」へ事業承継

「ベルパール事業」の川下展開、水平展開による事業拡大並びに顧客市場の変化に合わせたグローバルな生産販売体制の構築を目指し、より機動的な事業展開を可能とするため、当事業に特化した新会社が2010年10月1日よりスタート。
このページのTOPへ